​漢検を受けよう2
​漢検で大事なこと

​漢字検定は、合格することが目的です。

 

ただし、次級のことも視野に入れて取り組む必要があります。

次級のこと…?

直球で言います。

合格点ギリギリで合格しても、次級にはつながりません!

出来るだけ高得点で合格できるように、

しっかりと準備をしてください。

 

私は、子どもたちに9割は取るように伝えます。

つまり、10級から8級は、135点。(150点満点)

7級以上は、180点。(200点満点)

そこまで取れれば、次級を受けるときに非常に楽です。

これからも続いていく新出漢字の学習に関しても、

知らないことだけ上積みをしていけばよいことになります。

もしも覚え切れていない字があれば、

毎年雪だるまのように、覚えるべき漢字が増えていってしまいます。

 

せっかく、時間を割いて漢字検定の対策をするのですから、

しっかりと得点を取るように頑張ってください。

​高得点で合格するには?

漢検は、各級で出題の仕方に特徴があります。

例えば、級によっては、

四字熟語や音訓分けや部首に関するものが出題されます。

これには対策が必要です。

ただし、どの級にも"求められること"があります。

それは、「読み」と「書き取り」です。

これだけは外せません。

 

純粋に「読み」と「書き取り」だけの配点を以下に記します。

 

10級 読み40 書き取り40

9級読み30 書き取り50

8級 読み30 書き取り40

7級 読み20 書き取り40

6級 読み20 書き取り40

5級 読み20 書き取り40

4級 読み30 書き取り40

3級 読み30 書き取り40

準2級 読み30 書き取り50

2級 読み30 書き取り50

 

10級~8級は150点満点、7級以上は200点満点

 

ここで考えていただきたいことがあります。

「読み」と「書き」はどちらが大事でしょうか?

 

当然ですが、どちらも大事です。

では、どちらを先にすべきでしょうか。

 

漢字を覚えるには、私は以下の順で覚えていくと感じています。

 

1) 読めるようになる。(意味が分かるようになる。)

2) 書けるようになる。

3) 使えるようになる。

 

ですので、

漢字検定を受けると決めた時に、まずすべきことは、

どんな熟語であっても、

「読めるようになること」

が最優先だと思っています。

 

読めるけど書けない…ということはあっても、

書けるけど、読めない…何てことはあり得ませんよね。

 

もしもそんなことがあるのだとしたら、

意味が分からないまま書いているはずです。

 

漢検を受ける準備として、「読めるようになる」というステップが必要です。

 

読めるようになれば、書くことが楽になります。

 

何より、書くことよりも断然負荷は軽いので、

お子さんは、嫌がらずに学習を進めます。

 

できるようになれば自信もつきます。

 

過去問などを解いてみて、読みの点数が取れていないようであれば、

まずは「読む」ことに特化して学習を進めてください。

読めるようになれば、不思議なほど漢字が書けるようになります。

 

ぜひ試してみてください!

​おすすめのコラム

補習校や日本人学校で教えていた視点、そして、海外で子育てをした親としての視点。

海外に住む子どもたちが漢字を勉強することに対して、前向きになれるような視点で紹介します。

「漢検」「漢字検定」保護者のみなさんは、もちろん聞いたことはあると思いますが、住んでいる国や地域によっては、受検機会に恵まれないお子さんは多いそうです。

私はロサンゼルスの日本人学校と補習校に勤務していましたので、子どもたちが挑戦する機会は恵まれていたように感じます。ただ、・・・

(続きを読む)

「読み」の学習が終わったら、本格的に高得点に向けて学習を開始します。

準備は早めにすると良いに決まっていますが、小中高生は、長期休暇を利用すると良いと思います。恐らく漢検の日程もそのように組んでいるのだと思います。

本格的に!と言っても、・・・(続きを読む)

補習校等に通っているお子さんは、毎週漢字テストがあることでしょう。
ご家庭だけで日本語の学習を進めている場合も、漢字の習得の確認をする必要がありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

(続きを読む)

「書き順は大切だと思いますか?」

 教育の現場で働いていますので、当然「書き順は大切です」と表向きでは言わないといけません!(笑)

ただ、海外に永住の子に対しては、学年が上がって書き順に力を入れる時間があるならば・・・

 (続きを読む)